logo_thinogen
機能性:体脂肪減少、ダイエット、ガンの抑制

img_thinogen01

フコキサンチン

フコキサンチンは、古くから食されてきた褐藻類のコンブやワカメ、ヒジキ、アラメなどに含まれるカロテノイド色素です。その機能として、代謝の向上、体脂肪減少効果、脂肪燃焼効果、ガンの抑制効果など、BGG独自のエビデンスにより証明されています。

機能性成分

img_thinogen02

 

代謝の向上

img_thinogen03

脂肪細胞には褐色脂肪細胞と白色脂肪細胞があります。褐色脂肪細胞には脱共役タンパク質-1(UCP-1)が存在しており、このUCP-1は体に蓄えられている脂肪を燃焼させる働きを持っています。成長と共に白色脂肪細胞内からUCP-1は失われていきますが、フコキサンチンはこのUCP-1を白色脂肪細胞にも発現させる働きを持っており、白色脂肪細胞の脂肪が燃焼するのをサポートします。

脂肪燃焼効果

img_thinogen04

ラットにフコキサンチンを投与したところ、フコキサンチンの脂肪の燃焼促進効果によって白色脂肪組織に蓄積されていた脂肪の減少が報告されています。

体脂肪減少効果<自社取得データ>

img_thinogen05

出典:Li Y.,Jpn pharmacol ther.,43(9). 1317-1322,2015
Placeboと比較して、*:p < 0.05、**:p < 0.01

img_thinogen06

BMIが23以上の被験者を対象に『ThinOgenフコキサンチンオイル1%』をそれぞれ200mg、400mg(フコキサンチンとして、それぞれ2mg・4mg/日)を3か月摂取することにより、体重減少効果が認められ、さらに1か月間の追跡調査においてもリバウンドは確認されませんでした。またCTスキャンにおいても内臓脂肪、皮下脂肪の減少が見られました。これらの結果から『ThinOgen™フコキサンチンオイル1%』はリバウンドの起きにくいダイエット素材であると言えます。

ガンの抑制効果

img_thinogen07

大腸ガンに関連するCaco-2 細胞に対し、フコキサンチンを添加することにより細胞の生残率が有意に減少する結果となりました。フコキサンチンはがん細胞のアポトーシスを促すことが期待できます。

PAGE TOP