logo_kotusaiho

機能性:関節痛改善、抗炎症、骨密度改善、抗ロコモ

img_kotusaiho01

骨砕補

骨砕補は「骨が砕けるのを補う」という文字通り、骨や関節の痛みを改善する抗ロコモ素材です。中国の雲南省や貴州省、台湾、沖縄などに分布しているハカマウラボシ(Drynaria Fortunei)というシダ科の植物で、中国では1000年以上前から用いられていました。現在でも中国ではこの根茎を骨や関節の痛み改善の漢方薬として利用されています。日本では食品として登録されています。

機能性成分

img_kotusaiho02骨砕補の根茎にはナリンジンが含まれています。ナリンジンには骨密度上昇や関節炎に効果があると言われています。

骨密度の上昇

img_kotusaiho03

ナリンジンには骨吸収を行う破骨細胞の生成を抑制することが報告されています。一方で骨形成を行う骨芽細胞へ分化誘導を行う骨形成タンパク質(BMP-2)の生成を促進します。このことにより骨が強くなり骨密度が上昇すると考えられています。またBMP-2には軟骨組織のプロテオグリカンの合成能を高める働きがあります。これらの働きにより関節炎の改善が期待できます。

骨密度改善効果臨床試験

img_kotusaiho04

原発性骨粗鬆症患者を対象に行った試験で骨砕補を含む漢方薬摂取群(試験群)とカルシウムビタミンD摂取群(対照群)に分け試験を行った結果、試験群は骨密度の上昇が確認されましたが、対照群は変化が見られませんでした。

 

抗炎症の効果

関節炎改善

img_kotusaiho05

膝関節炎患者に骨砕補エキスを摂取させた結果、IL‐1β及びPGE2などの炎症マーカーが減少しました。また同臨床試験において関節炎の症状の改善効果をHSSスコアにより評価しました。HSSスコアは関節炎の痛みの程度や可動範囲等、またはレントゲン等を用いて医師の診断による数値化により評価します。スコアの点数は健康な人ほど高くなりますが、骨砕補エキス摂取群は、摂取前に比べ摂取後はHSSスコアが改善されました。これらの結果から、関節炎の改善効果が認められました。

PAGE TOP