Lutein

機能性:アイケア、脳機能改善

img_lutein01

ルテイン

ルテインは、天然色素カロテノイドの一種で、強い抗酸化作用を持ち、ほうれん草やケールなど多くの緑黄色野菜や、マリーゴールドなどの花弁に含まれています。人間の体内では眼球の黄斑と呼ばれる組織中に存在し、紫外線やコンピューターのスクリーンからのブルーライト光を吸収して目を保護する働きをしていることが知られています。BGGのルテインは機能性表示食品制度に対応したエビデンスが豊富な原料です。

機能性成分

img_lutein02

ブルーライトの抑制

img_lutein03

ブルーライトはパソコンやスマートフォンなどの光に多く含まれ、高いエネルギーを持ち網膜や黄斑部へダメージを与えます。ルテイン・ゼアキサンチンは眼球の網膜中心部で視細胞が密集している黄斑部に存在し、ブルーライトの力を軽減して細胞の損傷を抑えます。

黄班色素密度の上昇

img_lutein04

網膜の黄斑色素の量が多いほど、紫外線やブルーライトから眼を守る作用が高いとされています。ルテインを摂取することにより黄斑色素の量を示す黄斑色光学密度(MPOD)が上昇し、その結果、加齢黄斑変性症や白内障リスクが低下し、コントラスト感度(くっきりと物を視認する感度)の改善効果も見られます。

脳機能の改善

img_lutein05

アルツハイマー病はアミロイドβ(Aβ)による赤血球の酸化による変化と関連があります。ルテインの摂取により赤血球とAβの相互作用が減少し、赤血球の酸化を抑えます。

ニュース・論文

  • 表示する記事がありません。

最近の記事

  1. 2017.11.24

    ビルベリー
  2. 2017.11.23

    ルテイン
  3. 2017.10.29

    ノコギリヤシ
PAGE TOP